介護老人施設 国府リハビリテーション フェニックス

介護保険について

〈介護保険はみんなでささえあう制度です〉

我が国では本格的な高齢社会を迎え、介護が必要な高齢者が急速に増えるとともに、介護する人の高齢化も進んできています。
また少子化・核家族化なども進み、家族だけで介護することが難しい方がいます。
そこで、平成12年4月から高齢者の介護を社会全体でささえる「介護保険制度」がスタートしました。
家族介護に頼るのではなく介護を社会全体で支える、介護のための費用負担と給付費の関係を明確にする、利用者の判断でサービスが選択できるようにすることをねらいとし、制度が開始されました。

介護保険料

40歳以上の人が自動的に加入することが法律(介護保険法)で決められています。 保険制度なので、保険料を払っても結果的には保険を使う人も使わない人もいます。

介護保険が利用できるのは、65歳以上の介護が必要であると認定された人と、40歳から64歳の特定の病気により介護が必要であると認定された人です。

介護サービスを利用するには

介護サービスを受けるためには、市役所に「介護が必要」と認定してもらう必要があり、そのためには「申請」が必要です。
急に介護が必要になった場合も申請の日にさかのぼって介護保険が適用されます。

介護保険で利用できるサービス

在宅サービス

家庭で受けるサービス

介護サービスを受けるためには、市役所に「介護が必要」と認定してもらう必要があり、そのためには「申請」が必要です。
急に介護が必要になった場合も申請の日にさかのぼって介護保険が適用されます。

施設に日帰りして受けるサービス

費用の一部が支給されるサービス

施設サービス(要介護の人のみ)

その他のサービス

要介護認定

要介護認定には原則として6ヶ月の有効期間が設けられています。
有効期間後も引き続きサービスを利用する場合には更新手続きが必要になります。
また、有効期間内でも心身の状態が変化した場合には認定の変更を申請することが出来ます。

要介護認定で自立(非該当)と判定された場合は?

介護保険のサービスを利用することはできませんが、ホームヘルパーによる生活支援型ホームヘルプサービスや、介護施設に通う生活支援型デイサービスなどの、地域支援事業としての介護予防サービスを利用することができます。
徳島市地域包括支援センター(TEL:088-624-6423)または徳島市役所の介護・ながいき課(TEL:088-621-5176)にお問い合わせください。

老人保健施設とは
HOMEに戻る