グループ沿革

  1. グループ沿革
昭和22年8月1日
田蒔医院開業
昭和45年4月
第一期工事完成(旧館)
田蒔内科小児科(有床診療所)へ
昭和57年4月
第二期工事完成(本館) 病院50床となる
慢性腎不全患者の血液透析治療を開始
田蒔病院へ
昭和62年3月25日
医療法人明和会を設立
昭和62年4月
第三期工事完成(新館) 100床となる
平成元年4月
セント・ルーラル保育園開設
平成6年3月15日
老人保健施設 国府リハビリテーションフェニックス開業
平成6年9月
国府フェニックス在宅介護支援センター及びホームヘルパーステーション開設
平成8年10月
まごころ訪問看護ステーション開設
平成11年3月
第四期工事完成(病院デイケア,総合リハビリ室,療養型病棟,一般型病棟新築)(新々館)
平成14年3月
グループホーム フェニックス 開業
平成14年12月
日本医療機能評価機構(複合A認定取得)
平成16年3月
グループホーム ふれあい 開業
平成17年8月
明和会在宅総合サポートセンター 開設
まごころヘルパーステーション 開設
平成17年9月
たまき青空クリニック開業
平成18年4月
総合リハビリテーション(理学・作業・言語聴覚)施設認定
平成19年6月
一般病床:36床 医療療養病床:20床 介護療養病床:44床 へ再編
平成20年1月
日本医療機能評価機構  更新認定
平成21年4月
一般病床:40床(内:亜急性期10床) 医療療養病床:20床 介護療養病床40床へ再編
平成23年10月
たまき青空病院新築移転及び名称変更 開院
一般病床:40床(内:亜急性期18床) 医療療養病床:20床 介護療養病床40床へ再編
平成23年11月
ショートステイ 阿波っ子 開業
住居型有料老人ホーム 阿波っ子 開業
阿波っ子クリニック 開業
平成24年6月
一般病床:60床(内:亜急性期30床)医療療養病床:40床へ再編
平成24年12月
日本医療機能評価機構 更新認定
平成25年8月
サービス付き高齢者向け住宅 阿波っ子 開業
ヘルパーステーション 阿波っ子 開業
デイサービス 阿波っ子 開業
平成26年4月
一般病棟にDPC導入
平成26年9月
一般病床:60床(内:DPC30床、地域包括ケア30床)医療療養病床:40床へ再編
平成27年11月
医療法人昌鶯会 たまき青空クリニック 応神 開設
平成30年3月
一般病床:60床(内:DPC20床、地域包括ケア40床)医療療養病床:40床へ再編
前のページへ戻る
たまき青空病院グループへ