藍住 たまき青空クリニック|たまき青空病院グループ

  1. HOME
  2. クリニック紹介

クリニック紹介

昭和45年 寄贈
「田蒔内科小児科」として地域の内科・小児科に貢献してきました

温故知新

幅広く専門診療を行いつつ、
つねに最新の医療技術を採りいれる
地域で最も信頼される
医療機関であり続ける

たまき青空病院グループは創設者の田蒔孝正が、1940年(昭和15年)に香川県引田市(いまの東かがわ市)で創業しました。その後、終戦を迎え、日本国憲法が発布された1947年(昭和22年)に、故郷の徳島県徳島市国府町で「田蒔醫院」を創立しました。
当時はいまでは当たり前の「点滴(ブドウ糖液)」がなく、疫痢(現在の赤痢)による乳幼児の脱水による死亡が問題となっていました。孝正は点滴技術を早期から導入することで、小児を中心に地域医療に注力してきました。
2代目理事長の田蒔正治は昭和57年に帰省し、入院診療を充実させるとともに当時全国的にもほとんど普及していなかった人工透析を開始し、地域医療に貢献してきました。現在のたまき青空病院グループは糖尿病患者さんに対する最新治療など、各診療科の専門医が幅広い分野で専門的な医療を提供しています。このたび2019年(令和元年)8月に藍住 たまき青空クリニックを開業いたしました。これまでの伝統と歴史を大切にしながら、新たに藍住の地で常に最新の医療技術を提供し、地域で最も信頼される医療機関であることを目指します。

令和元年 八月吉日
田蒔基行

フロア紹介

  • 1F 受付

    当院へお越しの際にはまず1階受付にお越しください。診察・人間ドック・健康診断などの受付・会計を行います。自動精算機・自動販売機があります。

  • 2F 診察室・健診センター・検査

    各種検査、診察室、健診センターは2階です。

  • 3F 透析センター

    透析の専門フロアです。明るい雰囲気の室内です。
    3つのタイプのベッドを準備しております。

  • 4F デイケア あいそら

    広いガラス面で眉山を眺めながらリハビリを行うことができます。